選手宣誓するウイングスの舘坂選手

 第85回県素人アイスホッケー大会(県素人アイスホッケー協会主催、東奥日報社共催)の開会式が6日、青森県南部町のふくちアイスアリーナで行われた。大会には55チーム計985人が参加し、8日から12月23日まで熱戦を繰り広げる。

 開会式で、同協会の澤口忠彦会長が「くれぐれもけがに気を付け、アイスホッケーを大いに楽しんでほしい」と激励。選手を代表して前回大会でDクラスを制したウイングスの舘坂佳樹選手が「フェアプレーの精神を大切にし、正々堂々と戦い抜く」と宣誓した。

 今大会は55チームがA~Iの9クラスに分かれ、リーグ戦で各クラスの頂点を目指す。大会は11~12月の前期と、3~4月の後期の年2回開催している。