検証結果を発表する八学大女子ラグビー部の田端さん(左)と鈴木さん=東京・有楽町

 大豆成分が女性アスリートに与える影響に関する研究に取り組み、昨年の「世界健康フォーラム」で若手研究者に贈られる「モナリザ賞」を受賞した八戸学院大学女子ラグビー部が、東京・有楽町で6日開かれた本年度の同フォーラムで半年間にわたる調査の検証結果を発表した。大豆食品を多く取ることで必要なエネルギーを効率的に摂取できるなどの傾向がみられたとし、大きな拍手を浴びた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)