中間貯蔵施設の課税などについて考えを述べる三村知事

 三村申吾知事は6日の定例会見で、リサイクル燃料貯蔵(RFS、青森県むつ市)の使用済み核燃料中間貯蔵施設に搬入される核燃料への課税に関し「事業の開始時期を見据え、適切に対応する」と、これまでの方針を繰り返した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)