総務省は19日、活力ある地域の構築に貢献した団体や個人に贈る本年度の「ふるさとづくり大賞」の受賞者を発表し、青森県からは十和田市の南部裂織保存会(小林輝子会長)が団体表彰(総務大臣賞)を受賞した。戦後、地域での伝承が危ぶまれた裂き織りの保存継承に取り組むとともに、自主財源のみで事業を運営し、地域づくりや観光交流、人材育成へと発展させてきた活動が評価された。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)