協定書に署名した(左から)ガーリー代表、カリート理事長、法官理事長、大谷社長

 フィリピンへの高校、大学開設を進めている青森県八戸市の学校法人光星学院(法官新一理事長)と子会社の八戸学院グループ(HGG、大谷真樹代表取締役社長)は19日、現地で学校を共同運営するカーテル科学教育財団(カリート・アレナス理事長)、同財団が運営するCNE1国際語学学校(ガーリー・アレナス代表)と連携協力協定を締結した。4者は学校運営や現地卒業生の日本企業就職などで幅広く連携する。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)