相川町長(後列左)に全国大会での健闘を誓った鶴田クラブのメンバーら

 全国ミニバスケットボール大会県予選女子で優勝し全国大会に駒を進めた青森県鶴田町の「鶴田クラブ」がこのほど、町役場に相川正光町長を訪ね、「6年生は最後の大会。試合を楽しんで笑顔で終わりたい」と抱負を述べた。町バスケットボール協会によると、同町の女子ミニバスチームが全国大会に進出するのは初めて。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)