出荷作業が進んでいる啓翁桜

 青森県弘前市独狐のつがる弘前農協の施設内で、早咲きの「啓翁桜」の出荷作業が本格化している。17日は農協担当者が箱詰め作業に追われていた。作業は3月中旬まで続き、首都圏を中心に3万〜3万5千本を出荷する予定。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)