方策の概要について説明する中路特任教授=東京・内幸町

 人口減や少子高齢化など地域課題の解決へ向けた画期的な方策を審査・表彰する「プラチナ大賞」の最終審査発表会が5日、東京・内幸町で開かれた。最終審査に残った13件の概要発表と審査が行われ、弘前大学と青森県、弘前市が共同で行った「健康ビッグデータで短命県返上と地域経済活性化の同時実現を目指す産学官民一体型青森健康イノベーション創出プロジェクト」が、最高賞の大賞・総務大臣賞を獲得した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)