摘果した未成熟リンゴを使った「テキカカシードル」

 青森県弘前市でリンゴ農園などを営む「もりやま園」(森山聡彦代表取締役)は、摘果で捨てられてきた未成熟果実を活用したシードル「テキカカシードル」を開発。18日、森山代表取締役らが市役所を訪れ、葛西憲之市長に報告した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)