県は18日、今季初となるインフルエンザ警報を上十三保健所管内に出した。注意報は新たに東地方・青森市とむつの保健所管内に発表。8〜14日の1週間で、1定点医療機関当たりの患者数は上十三で38.00人となり、警報基準の30人を超えた。東地方・青森市では15.46人、むつでは15.33人となり、ともに注意報基準の10人を上回った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)