東京五輪のマラソンと競歩の札幌での実施について記者会見する日本陸連の麻場一徳強化委員長=5日、東京都新宿区

 東京五輪のマラソン、競歩の札幌開催について、日本陸上競技連盟の強化委員会が5日、東京都内で記者会見し、麻場一徳委員長は「あってはならない決定。この時期に覆ることは極めて遺憾。国際オリンピック委員会(IOC)の言うアスリートファーストは、本当のアスリートファーストではないと思っている」と強い不満を表明した。

 マラソンは9月に本番用に決めていたコースで代表選考会を行い、男女の代表各2人を決めた。瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは「急に札幌に行けと言われても、なかなか頭の中が切り替えられない」と複雑な心境を吐露した。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む