西武の外崎(青森県弘前市出身、弘前実−富士大出)が17日、今季に向け「全試合先発出場が一番の目標。その中でチームがいい方向にいけばいい」と抱負を語った。昨季は135試合に出場して打率2割5分8厘、10本塁打、48打点、23盗塁を記録して頭角を現した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)