青森市が青森操車場跡地に体育施設を建設する方針を公表したことに関し、市に20億円を寄付した同市在住の個人に近い複数の関係者が17日、東奥日報社の取材に応じた。寄付者本人は、短命県の実態に衝撃を受けたのが寄付のきっかけで「市民や県民にもっと元気な生活を送ってほしい」などと話しているという。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)