みちぎんドリームスタジアム(青森市)のカーリングリンクで製氷作業をする中島さん=13日

 2月の韓国・平昌冬季五輪のカーリング競技で、試合会場の製氷作業員(アイスマン)のメンバーに、青森市の中島潤さん(68)が決まった。普段は、みちぎんドリームスタジアム(同市)のカーリング場で製氷を担当しており、五輪に向け「世界トップのアイスメーク技術を学びたい」と意気込みを語った。日本カーリング協会アイスメーク研究会によると、自国開催の長野大会を除けば、日本人アイスマンの五輪招集は初めてとみられる。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)