自分たちが田植え・稲刈り体験をして収穫し、農家からプレゼントされたコメを給食で食べる5年生児童

 青森県鯵ケ沢町の舞戸小学校(藤田昭彦校長)で10月28日、5年生児童32人が田植え、稲刈りをして収穫したコメが全校給食で出された。町教委の委嘱を受けた同小担当の「地域学校協働活動推進員」(地域コーディネーター)が学校と農家をつなぎ、コメ作り体験が実現。農家が厚意で学校側にプレゼントしたコメを、全校で感謝しながら味わった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。