むつ市役所で報道陣の質問に答える原電の村松社長=16日午前

 青森県むつ市のリサイクル燃料貯蔵(RFS)の親会社・日本原子力発電(本店東京都、原電)の村松衛社長が16日、年始あいさつのためむつ市役所を訪れた。村松社長は、RFSが2018年後半の操業開始を目指している中間貯蔵施設について「審査合格、安全対策を全力でサポートし、親会社としての責任を果たしていきたい」と語った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)