マップ作製の様子などを説明する小中野小6年の児童たち
小中野小の6年児童が作製した景観マップ

 地域の魅力、知って、見に来て−。青森県八戸市小中野小学校(小野一樹校長)の6年生56人が、学区と重なる同市小中野地域の景観ポイントをまとめたマップを作製した。地図上のQRコードを携帯電話などのカメラで読み取ると、児童が撮影した自慢の景観の写真と解説文を見ることができる。児童たちは15日、小中野公民館にマップ2千部を贈呈し「地域振興に役立ててほしい」と目を輝かせた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)