「合格りんご」を受け取り受験への決意を新たにする板柳中学校の3年生(右)

 青森県板柳町の住民グループ「9・1−2会」(佐藤洋治会長)は16日、板柳中学校(高橋幸治校長)を訪ね、高校受験を控えた3年生149人に「祈合格」の絵文字が入った「合格りんご」を贈呈した。受け取った生徒たちは「志望校に合格することで恩返ししたい」などと語り、受験への決意を新たにしていた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)