約25年ぶりに復活した「権現様」に集まった小舘町会の役員ら
健やかな成長を願う祖母に勧められ、獅子に頭をかんでもらう鎌田君(中)

 青森市南部の山あいに位置する小舘町会の伝統行事「権現様」が約25年ぶりに復活した。獅子舞が各家を回る正月の風物詩だったが、高齢化や若い世代の流出で途絶えていた。「少しでも活気を取り戻したい」と立ち上がったのは地元町会の役員たち。健康や穏やかな暮らしを祈って集落を練り歩くと、住民らの笑顔が広がった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)