材料となるイタヤカエデをかんなで削って、ずぐりに仕上げていく小島さん

 青森県津軽地方伝統のこま「ずぐり」が需要期を迎え、黒石市の若手こけし工人・小島利夏さん(38)は昨年末から製作に忙しい毎日を送っている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)