青森県弘前市の中核病院問題に関し、葛西憲之市長は15日、関連する予算案などを提案する臨時市議会を31日に招集する告示を行った。同市長は昨年12月、それまで国、県などと行ってきた協議を事実上破談にし「中核病院は市主体で整備運営する」と方針転換しており、臨時議会ではこの決断の是非が問われることになる。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)