小野寺市長(壇上左)、工藤市長(同左から2番目)と謝辞を述べる交流団体の代表者(右)

 青森市と函館市は3日、幅広い分野での交流を目指し締結した「青森・函館ツインシティ」提携から30周年を迎えたことを記念し、青森市のねぶたの家ワ・ラッセで式典を開いた。両市の関係者や交流団体の代表者ら約120人が出席し、青函圏域の一層の交流と発展を誓った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。