色とりどりの繭玉を枝に取り付ける会員たち
繭玉飾りが付いた小枝は来店者にプレゼントされた

 青森県八戸市南郷の道の駅「なんごう」で15日、小正月恒例の繭玉の飾り付けが行われた。産直施設に野菜などを出荷している生産者でつくる「ヤッサイなんごう友の会」(助川賢一会長)の会員約60人が、来店客の今年1年の幸せを願い、色とりどりの繭玉飾りで道の駅を華やかに装飾した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)