玄関先で口上とともに福俵を転がし、開運と豊作を祈願する子どもたち

 青森県田舎館村の大根子地区で14日、伝統行事「カパカパと福俵」が行われた。地元の小学生ら約30人が家々を回り、玄関で福俵を転がしながら口上を述べ、無病息災や五穀豊穣(ほうじょう)を祈った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)