優勝を果たし、観客席に向かっておじぎをする南アフリカの選手たち。下は優勝杯「ウェブ・エリス・カップ」=2日夜、横浜市の日産スタジアム

 ラグビーの国際統括団体、ワールドラグビーは2日、ワールドカップ(W杯)日本大会の結果を反映した世界ランキングを発表し、優勝した南アフリカが2009年11月以来、10年ぶりに1位に浮上した。

 準優勝のイングランドは1位から3位に後退し、2位はニュージーランド。日本の8位は変わらなかった。

(共同通信社)