到着ロビーでリンゴを受け取るエバー航空の乗客

 台湾のエバー航空が2日、青森-台北(桃園)線の週5往復運航をスタートした。今年7月に就航した同路線の定期便はこれまでの夏季ダイヤでは水曜、土曜の週2往復だったが、来年3月28日までの冬季ダイヤでは火曜、木曜、日曜も加わった。関係者は青森県の冬季観光の盛り上がりに期待している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。