ラグビーW杯日本大会で優勝し、ウェブ・エリス・カップを掲げ喜ぶコリシ主将(中央)と南アフリカフィフティーン=2日夜、横浜市の日産スタジアム
イングランド―南アフリカ 前半、突進し前に倒れ込む南アフリカのフェルミューレン=日産スタジアム
南アフリカに敗れ、肩を落とすイングランドの選手たち=日産スタジアム

 4年に1度、ラグビー世界一を決める第9回ワールドカップ(W杯)日本大会は2日、横浜市の日産スタジアムで最終日を迎え、決勝で南アフリカがイングランドを32―12で破った。2007年以来3大会ぶりの優勝で、ニュージーランドに並ぶ最多3度目の頂点に立った。

 アジア初開催の今大会で、日本が目標だった初の8強入りを果たす快進撃を見せて国内を熱狂させた。全国12会場で大盛況だった44日間の祭典は、準々決勝で日本を26―3で退けた南アフリカが優勝杯「ウェブ・エリス・カップ」を手にして幕が下りた。

 この結果、世界ランキングで南アフリカが10年ぶりに1位に返り咲いた。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む