ネットやスマホの長時間利用が及ぼす影響について、グループに分かれ話し合う参加者ら

 スマホやネットなどの長時間利用が脳や体の健康・発達に引き起こす問題に対応する指導者を増やそうと、「子どものネットリスク教育研究会」青森支部は13日、青森市の県教育会館で、全国初となる「ネット健康問題啓発者養成全国連絡協議会」の啓発者養成認定講習会を開いた。14日までの2日間、県内各地の教育、医療関係者ら約30人が、乳幼児期や成長期に与えるメディアの影響について理解を深める。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)