記念のくす玉を割る成田さん(左)と古舘館長

 八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館の入館者が13日、20万人に達した。2011年の開館から約7年での大台達成で、古舘光治館長は「さらに入館者を増す工夫を重ね、縄文文化の素晴らしさを広く発信したい」と喜びを語った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)