南さん(左端)から大藤流の剪定方法を学ぶ各地の生産者たち

 青森県弘前市三和地区のモモ園で12日、全国のモモ生産者が集まり、山梨県発祥の栽培技術「大藤(おおふじ)流」を学ぶ全国大会が始まった。約100人が実地で剪定(せんてい)技術を学び、情報交換した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)