県家畜市場で開かれた黒毛和種の子牛初競り=12日、七戸町

 青森県七戸町の県家畜市場で12日、子牛の初競りが行われた。取引の大部分を占める黒毛和種1頭当たりの平均価格は80万5404円だった。初競りとしては過去最高だった昨年の85万2847万円より4万7443円安かったものの、依然として高値傾向にある。黒毛和種子牛の平均価格は2015年秋から上昇し、17年は落ち着き始めたが、国の増頭対策の効果が出始めたこともあり年間取引額は46億8148万円と、3年連続で過去最高を更新した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)