水産庁は12日、不漁が続いているスルメイカの2018年漁期(18年4月〜19年3月)の漁獲可能量(TAC)を、過去最低だった前年より29%減らし、9万7千トンとする方針を明らかにした。