香川県の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例が発生したことを受け、青森県は11日午前、県庁で連絡会議を開いた。県内での発生防止に向け、ウイルスを畜舎に持ち込む野鳥の侵入を防ぎ、農場内の消毒を徹底するよう県内養鶏業者らに呼び掛けたことなどを報告した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)