東横インが建設される予定の新青森駅東側一般保留地

 青森市は11日、新青森駅周辺の石江土地区画整理事業に伴う一般保留地の1区画について、徳島市の建築・不動産業「パルハウス」と売買契約を締結したと発表した。ホテルチェーン東横イン(東京)が運営主体となり、新青森駅東側に14階建てのホテルを整備し、2019年秋の開業を目指す。新青森駅周辺に宿泊施設が整備されるのは初めて。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)