発表会で「まりと殿様」を披露する子どもたち
リンゴのドライフルーツ。原料となる業務用加工リンゴの需要が高まっている

 3歳児健診を受けた子どものうち、虫歯のある子どもの割合(虫歯有病者率)は2015年度、青森県は28.8%で、全国ワースト2位だったことが国立保健医療科学院(埼玉県)のまとめで分かった。データがある02年度から15年度までの14年間で、青森県は全国ワーストが5回、ワースト2位が9回で、全国最悪水準に低迷したまま。歯科医療関係者は「口の中の状態が悪いと、体全体の健康を害するリスクが高くなる。平均寿命延伸のためにも正しい生活習慣を身に付けることが大切」と強調する。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)