弘前市立病院と国立病院機構弘前病院の統合による中核病院構想で、青森県弘前市が主体となって整備運営する方針を同市が示していることについて、黒石市の高樋憲市長は10日の会見で「すごく不安に思っている」と述べるとともに、津軽地域医療圏への中核病院早期整備の必要性を強調した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)