青森県は10日、今季初となるインフルエンザ注意報を三戸地方・八戸市保健所管内に発令した。昨年12月25〜31日の1週間に報告された1定点医療機関当たりの患者数が14.67人となり、注意報基準値の10人を超えたため。県全体では7.60人と、前週(昨年12月18〜24日)の4.40人から3.20人増えた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)