東北農政局青森県拠点は31日、2019年産県内水稲の作柄概況(15日現在)を発表した。コメの出来具合を示す作況指数(平年作=100)は県全体が106の「良」となった。「やや良」だった9月15日現在の前回調査から1ポイント上方修正された。9月中旬以降、気温や日照時間が平年を上回る日が続き、登熟(もみの中の実の成長)が順調に進んだため。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。