青森県黒石市は来年度から8カ年の公共下水道事業計画について、計画区域面積をこれまでの876ヘクタールから703ヘクタールに縮小する計画案をまとめ、9日から住民説明会を開始した。国が示した計画策定のマニュアルに従い10年程度で実施可能な計画に改めたところ、財政状況が厳しいことから大幅な縮小となった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)