唐竹支会が出荷した業務用加工リンゴの早生ふじ(県りんご協会提供)
リンゴのドライフルーツ。原料となる業務用加工リンゴの需要が高まっている

 青森県産リンゴの加工原料の中で、アップルパイなどの洋菓子やカットリンゴに使われる業務用の引き合いが強まっている。需要増に対応するため、県りんご協会(藤田光男会長)は2017年産から、農家と加工業者が直接取引する試みを始めた。業務用向けは、主にジュースとなる通常の加工用リンゴより高値で取引されている。同協会は農家と加工業者のマッチングを行い、業務用の安定供給と農家の所得向上を目指す。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)