青森県教委は9日、2018年3月に県内中学校卒業予定者の進路志望状況(第2次調査、昨年12月13日現在)を発表した。県立高校全日制の志望倍率は1.04倍。前年同期と比べて0.04ポイント下がり、現行の調査方式となった1975年以降、過去最低の2017年を下回った。入学願書の受け付けは2月16日から始まり、同22日の締め切り後に実際の志望倍率が確定する。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)