平昌五輪での抱負を語る中村=9日午前、八戸市庁
「メダル獲得」など思いを込めたサインを手に持つ中村

 平昌冬季五輪の女子アイスホッケー日本代表で青森県八戸市出身の中村亜実(30)=西武=が9日、八戸市庁を訪れ、小林眞市長に代表入りを報告した。中村は報告後の取材に「(メダルの可能性は)前回のソチ五輪より確実に高まっている」と自信を示した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)