整備が進む三沢駅前正面口。中央から右下方向に延びているのが1月中に完成見込みの新しい階段。タクシーが並ぶロータリーは15日から封鎖される=5日
1級の合格証書を掲げる下林さん

 青森県三沢市が青い森鉄道三沢駅の正面口(西口)側で進める駅前広場整備事業は、事業の第1弾として整備を進めている駅舎の新しい階段が、1月中に完成する見込みとなった。駅舎とつなぐ複合施設は3月に着工予定で、市は工事本格化を前に、1月15日から正面口ロータリーを封鎖、タクシープールを東口に一時移転させる。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)