弘前市が合葬墓の建設を予定している弘前霊園=同市小沢

 少子化や未婚率の上昇などを背景に、墓地の管理の在り方が変わりつつある中、青森県弘前市が同市小沢の弘前霊園内で、血縁を問わず多くの遺骨を一緒に埋葬する「合葬墓(がっそうぼ)」の整備に取り組んでいる。約3千体分を埋葬可能で、使用開始は2018年春以降となる見込み。市によると、合葬墓の建設は県内で初めて。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)