AIを搭載したピッチングマシンを開発した西野製作所の西野十治社長=石川県かほく市

 人工知能(AI)を搭載したピッチングマシンが、高校野球の強豪校などで威力を発揮している。金沢大と石川県かほく市の機械メーカー、西野製作所が2年かけて開発した優れものだ。西野十治社長(65)は「主に高校や大学の野球部などにこれまでに30台ほど売れました」と語る。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)