「市民の不安を払拭するため」と会見を開いた理由を説明する宮下市長=7日、むつ市役所

 関西電力が使用済み核燃料を青森県むつ市の中間貯蔵施設に搬入、一時保管する方針を固めたとの報道を受け、宮下宗一郎市長は7日、市役所で会見を開いた。国と県、中間貯蔵事業者のリサイクル燃料貯蔵(むつ市、RFS)に確認したものの「そういう事実はないという話だった」と述べ、改めて「仮に関電からむつ市で事業がしたいという話があっても、地域の気持ちを無視したやり方で、現時点では到底受け入れられない」と強調した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)