長者まつりんぐ広場の多目的施設でスケートボードを楽しむ愛好者

 冬期間、スケートボードパークとして運用されている青森県八戸市の「長者まつりんぐ広場」の多目的施設(山車小屋)で7日、パークの無料開放が始まった。初日は小学生から大人まで幅広い年代の愛好者が訪れ、障害物を華麗なテクニックで乗り越えるなどして滑走を楽しんでいた。開放は3月25日まで。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)