立佞武多出陣を心待ちにする泉谷さん(右端)と生徒たち。左端が長女で囃子組長の樹樂さん

 県立森田養護学校(青森県つがる市)に通う児童生徒の送迎などを行う五所川原市の認定NPO法人「笑楽生(えがお)」が今年8月、五所川原立佞武多(たちねぷた)に福祉ねぷたを出陣させる。「障がいのある子どもたちと参加して笑顔を見たい」という同NPO理事長・泉谷和宏さん(57)の熱意に多くの人が賛同。自前のねぷたを制作し囃子(はやし)も披露する。泉谷さんは「森田養護学校だけでなく他の養護学校、特別支援学校からも参加してもらいたい」と参加を呼び掛けている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)