青森地方気象台は5日、昨年12月の天候まとめを発表した。低気圧や冬型の気圧配置の影響で、雪と雨を合わせた降水量が津軽や下北地方で平年を上回り、青森県五所川原市市浦で198.5ミリ(平年比167%)と12月の過去最多を記録。降雪量では、むつ市脇野沢が219センチ(同205%)と1位の記録を更新した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)