威勢のよい掛け声とともに次々とリンゴが競り落とされた弘果弘前中央青果の初市=5日午前9時10分ごろ
【写真上】サンふじの上物が1箱1万円に迫る高値で競り落とされた津軽りんご市場の初市=5日午前8時13分 【写真下】収量が少なく前年に比べ高値で取引された五所川原中央青果の初市=5日午前8時すぎ

 青森県弘前市の弘果弘前中央青果、板柳町の津軽りんご市場、五所川原市の五所川原中央青果で5日、新春恒例のリンゴ初市が行われた。2017年産リンゴは小玉傾向となったため、16年産に比べて上場数量は落ち込んだものの、国内外からの引き合いが強く、買い気は活発。特にサンふじの上物は、おおむね昨年を上回る値が付くなど、好スタートを切った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)